ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手


AlbatronからSocket754のM-ATXマザー『KM51G-754』が発売されました。
GeForce6100とnForce410を採用したマザーボードで
ノースのヒートシンクがKM51PVと比べると背が低いですね。
サウスは裸のようです。
Socket754といえば気になるTurion 64対応状況ですが
メーカーでは対応はうたわれてないそうです。
購入者の報告を待つしかなさそうですね。

そしてその後には上位チップセットGeForce6150とnForce430搭載
『KM51PV-754』を発売予定のようです。
KM51PV-754の名前から解るように
私が今使っているKM51PVのSocket754版のようですね。
拡張スロットはPCI E×16が1本、PCI E×1が1本、
PCIが2本
と普通のM-ATXと同じ構成ですね。
PCI E×1はいらんからPCI3本にしてくれって人もいるかもしれませんね。
 
KM51G-754詳細
AMD Athlon 64 / Sempron Processors
Socket 754 with Hyper Transport 800+ MHz
2 DDR333/400 Memory Sockets
Integrated NVIIDA GeForce 6100 Graphics Engine.
Realtek AC97 6 channel Audio
Realtek 10/100 Mbps LAN PHY
1*PCI Express x 16 ,1 *PCI Express x 1
2 SATAII 3Gb/s Channels, SATA RAID 0,1
2 ATA133 Channels, up to 4 ATA 133 IDE Devices
8USB 2.0/1.1 Ports (4 ports by optional cable)

KM51PV-754詳細
AMD Athlon 64 / Sempron Processors
Socket 754 with Hyper Transport 800+ MHz
2 DDR333/400 Memory Sockets
Integrated NVIIDA GeForce 6150 Graphics Engine.
Provides DVI / D-SUB / HDTV-out (by optional cable) interface.
Realtek AC97 6 channel
Broadcom 10/100 Mbps LAN PHY& NVIDIA Active Armor
1*PCI Express x 16 ,1 *PCI Express x 1
4 SATA II Channels, SATA RAID 0,1,5& 0+1
2 ATA133 Channels
Dual BIOS (Second BIOS by Optional ABS Card)
8 USB 2.0/1.1 Ports (2 ports by optional cable)
KM51PV-754.jpg

>Provides DVI / D-SUB / HDTV-out (by optional cable) interface.
次に発売をひかえているKM51PV-754の方は
どうやらSocket 754対応マザーでは初のDVI出力搭載マザーになりそうですね。
他のスペックを見てもsocketの違い以外は私の使っているKM51PVと同じようです。
BIOS設定も同じならオーバークロック関係は充実してるかもしれませんね。
Socket754マザーはSocket939マザーと比べて価格が安いのも特徴ですが
こちらのKM51PV-754が販売価格がいくらになるのかも注目です。
KM51PVが1万円ちょっとなので1万円弱ぐらいでしょうか。

関連リンク
Socket 754対応の“GeForce6100”搭載マザーボード「KM51G-754」がAlbatronから
KM51G-754製品情報
KM51PV-754製品情報
関連記事
web拍手

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/103-d326ffc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。