ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
今月5日にヨドバシ梅田で32型で一番安いのは何かと聞いて
HITACHIのデジタル液晶テレビW32L-H8000199800円
ポイント23%(9日まで20+3%)更にTV引取りで-5000円と言われて
差し引き15万ならばと、ついにテレビを買い換えようかと思っていたんですが
DSC01151.jpg

友人に相談したところ
『どうせならフルHDパネルの液晶テレビを買った方がいいよ。』と言われました。
 
普通のハイビジョンパネルは1366×768の画素数
フルHDパネルは1920×1080の画素数で表示し解像度が約2倍ほど違うそうです。
ハイビジョン放送は元々1920×1080で放送されているものを
1366×768のパネルでは約半分の情報量しか表示できないので
本来のフルスペックハイビジョンの美しい映像を見るには
フルHDパネルテレビを買うべきだそうです。

しかし現在はフルHDパネルを使っているデジタルテレビはハイエンドが中心
どれも値段が高く大きさも37型以上の
大画面のテレビのみ採用してるのが現状のようです。
『テレビはそう買い換えるものじゃないから後悔しないようにフルHDを買え。』
が友人のアドバイスでした。
そういう彼はパナソニックのプラズマVIERAを買った数ヵ月後に
シャープのAQUOSに簡単に買い換えてましたが。
私は壊れるまで出来るだけ長く使い続けるつもりなので中々決められません。
DSC01157.jpg

一番売れているのはやはりシャープの液晶
亀山工場のブランド力で買う人が多いみたいです。
DSC01156.jpg

実はHITACHIもプラズマ・液晶パネルを
それぞれ宮崎と茂原で国内自社生産しているそうです。
HITACHIはパナソニックにもそのパネルを供給しているようで
サムソンやLGからOEM供給されているパネルを使用したものよりも
やはり品質的に国内生産の方がよいみたいですね。

HITACHIのテレビには現行HDMI端子が2系統2端子装備
その辺も選択のポイントなんですが
更にitmediaを見ると次世代HDMIの規格の話が載っていて
ますます悩んでしまいますね。
現行HDMIとsocketの互換性を保ち転送帯域を2倍に引き上げたモノになるようです。

>また、PLAYSTATION 3の発売に向けて、
>もう一つ規格化の動向を気にしているものがHDMI。
>現行のHDMIでは帯域上の制限などもあり、各色8bitでの伝送となっているが、
>3日にはHDMI関連の7社が、最大各色16bit伝送に対応する次世代HDMIを、
>2006年前半のリリースを目指して開発していることを明らかにしている。
>「内部で16bit処理しても、出力時に8bitになってしまうのは意味がない。
>マッハバンドの発生などの欠点もある」とし、
>「できれば16bit欲しいが、最低でも12bit。
>帯域を2倍にした次世代のHDMIは、我々が強く要望していたもの」と説明し、
>PLAYSTATION 3で次世代HDMIを採用することを明らかにした。


久多良木さんの話ではPS3では次世代HDMI端子を標準搭載する方向らしく
どうせなら一番綺麗に出力出来る端子を装備したテレビを買いたいな。なんて考えたり。
しかもこの次世代HDMI端子
PCディスプレイ用の新インタフェース規格『UDI』と完全互換を持つそうです。
『UDI』は現行のアナログ規格VGAの後継になり
PC用の新しいディスプレイインタフェースとして開発されているそうです。
パソコンを繋ぐのを考えるとますますあった方がいい気がしてきます。
情報を集めれば集めるほど決められなくなってきました。。

パーツでも家電でもそうですが買う瞬間はもちろんの事
カタログや雑誌、ネットで情報を集めたり悩んで検討してる時も実は楽しい時間ですね。
現時点の悩みは
友人の薦めるフルHD液晶テレビは一番小さいもので37型からしかないのと
次世代HDMI端子を装備した液晶テレビが現時点では出てない事ですね。

37型は部屋に置けない大きさではないですが横幅が94cmと
32型と比べて13cmも大きくなります。
一人で使うにはちょっと大きすぎるので32型でフルHDが出ないか待っているんですが。
一人で見るなら26型でも十分な気もしますし。
フルHDや次世代HDMIにこだわらずに
現時点でも十分美しい画質を得られるモノを選んで買うのもありかもしれません。
あれこれ悩んでるうちに延び延びになって
京都にヨドバシとビックが出来てそのオープンセールで買ってるかもしれませんね。

現時点で私が知りえる情報を集めてみました。
買い替えを考えてる人は参考にしてみてください。

関連リンク
「次世代版HDMI」発表
PLAYSTATION 3では次世代HDMIを採用
PCディスプレイ用の新インタフェース規格開発へ
HDMIで揺れるハイビジョンテレビの難題
日本ではHDアナログ出力制限が無効に――AACSのコンテンツ運用規定が決定
関連記事
web拍手

テーマ:AV機器関連 - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/127-d1e3944e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 「画素数が多く、デジタルハイビジョン放送の信号を間引かずにすべて表示できるパネル」という意味で、1920×1080の画素数を持った液晶ディスプレイやプラズマディスプレイを「フルスペックハイビジョン」や「フルHD」と呼ぶことがあります。これまでは、1366×768のパネ
2006/07/07(金) 22:32:14 | 中年プログラマー日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。