ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
Intelの34nm版X25-M(SSDSA2MH080G2C1)を導入してから5日ほど経過しましたが
読み込み、書き込み速度に変化がみられるか再びベンチを走らせてみました。

saix25m40.jpg
CrystalDiskinfo
最初に初期起動時点で10時間ほど既に経っていたので
実質使用時間は50時間ぐらいです。
 
saix25m17.jpg
CrystalDiskMark2.2 (100MB)
saix25m18.jpg
CrystalDiskMark2.2 (1000MB)
saix25m39.jpg
ATTO Disk Benchmark

購入直後のベンチと比較しても今のところは速度低下は見られませんね。
旧型では新ファームウェアによって速度低下問題が改善されましたが
新型は初期ファーム『2CV102G2』で問題なさそうです。

ただ他に新たな問題が見つかったようで
BIOSでHDDパスワードを設定して、変更または無効に設定を変更する事でデータが破損する
という不具合が見つかったみたいですが
ファームアップで修正がきくようなので良かったですね。

関連リンク
Intel製SSD 性能改善ファームウェアを試す
~低下していた書き込み速度が改善

Intel、34nmプロセス採用SSDが使用不能になる不具合
~ファームウェアアップデートで対応予定
関連記事
web拍手

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/1324-39f1dc2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。