ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手


デュアルコアCPUやPhysXテクノロジーにも対応した
Futuremark社の3Dベンチソフトの最新版『3DMark06』がリリースされました。
私は新しく買ったビデオカードの性能を見るのに
ワクワクしながら『3DMark05』を走らせてみて
あまりのカクカク具合に泣きそうになった事があります。
以前のver『3DMark05』でも十分重かったですが
今回は更にハードな仕様になっているそうです。

要求スペックが
グラフィックスチップ:シェーダモデル2.0対応以上
グラフィックスメモリ:256MB以上

とオンボードグラフィックは勿論の事
ちょっと前のビデオカードやVRAMが128MBでは無理なようです。
動作条件が益々厳しくなってますね。
今回はカクカクするどころか私はチャレンジすら出来ません。
free版をダウンロードしようと思いましたが
ファイルサイズが578MBもあります。
現在手に入る環境でこれをスムーズに動かせるのは無理かもしれませんね。
己の限界を見たい方は是非走らせてみてください。

関連リンク
3DMark06
【最新】3DMark06ベンチ報告スレ【激重】
関連記事
web拍手

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/142-a3b51b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
3DMark06のスコア報告お、重い、重すぎるカクカクして、ちっともスムーズに動かないそして結果は.....”2111”ガックリ05の時は6700台だったのにマシンスペックはCPU P4-3.4GHzメモリ
2006/01/20(金) 20:37:00 | ぱそこん@あにめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。