ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
次世代ディスク規格の一つであるBlu-rayディスクの価格が公表されました。


Blu-rayディスクタイトルの卸売価格は17.95ドル(1ドル117円計算で約2100円)
新作のBlu-rayディスクの卸売価格は23.45ドル(1ドル117円計算で約2750円)

発表されたのは卸値価格なので実際の販売価格は諸経費&店の取り分が乗りますが
それほど高くはならないようですね。
概ね現行DVD規格に15~20%上乗せした価格設定になるようです。
私は出始めは現行DVDソフトの2倍弱ぐらいは付けてくると思っていたので
正直思ったより下げてきたな。という印象ですね。
HD-DVDは既存のDVD製造ラインに手を加えて利用できる為に
生産コストがブルーレイほどかからないといわれており
コスト面ではHD-DVDがかなり有利と思われていただけに
今回のソニーの発表でHD-DVD陣営は更に厳しい勝負を強いられそうですね。

更にソニーは販売戦略として
DVDとUMDを組み合わせたパッケージが、
ソニーの新作DVDの通常価格をやや上回る程度の価格で購入できるようになる。

とグループの薦めるもう一つの規格『UMD』とDVDの連携も打ち出すなど
グループ企業である強みを生かしシナジー効果を期待した方法も考えているようです。
1枚の価格で2種類の規格ディスクがセットなら買い得感があり
購入の後押しになるかもしれませんね。

関連リンク
ソニー、Blu-rayディスクの価格を公表――UMDバンドルの可能性も
1年で150本近いタイトルを投入する――Sony Pictures
関連記事
web拍手

テーマ:AV機器 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/177-1d4388d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。