ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
DSC02454.jpg

八坂さんの近くにある祇園会館に今年7月にオープンしたばかりの
『よしもと祇園花月』に行ってきました。
祇園会館といえばむかーしマハラジャ京都が入ってて
生まれて初めてディスコへ行ったのもここでした。
 

DSC02455.jpg
DSC02456.jpg
祇園ネタ・新喜劇公演
[漫才・落語]西川のりお・上方よしお/海原さおり・しおり/
あべこうじ/チーモンチョーチュウ/桜 稲垣早希
[新喜劇]すっちー/前田写楽/奥重敦史/大島和久/
森田展義/島田珠代/服部ひで子/井上竜夫


一番の目的は『桜 稲垣早希』ちゃんを生で見る事ですが
吉本新喜劇を生で見るのも初めてでした。

DSC02457.jpg
入り口には吉本関連のグッズや芸人の生写真が売っています。
各芸人の人気度が写真の取り扱い枚数にダイレクトに出てるのも面白いですね。
因みに早希ちゃんはアスカverと私服verが結構な枚数ありました。

この日のタイムスケジュールは
2時間の公演で前半1時間が漫才、後半1時間が新喜劇という構成で、
チーモンチョーチュウ
桜 稲垣早希
あべこうじ
海原さおり・しおり
西川のりお・上方よしお
という若手→中堅→ベテランという順番でした。

早希ちゃんのネタは京都を意識してか
得意のアスカに扮したエヴァではなく任天堂ネタ
ピーチ姫に扮した早希ちゃんが結婚相談所へ行って
見合い相手にマリオを紹介されて一度デートへ行き
そのマリオの異常な行動にキレる
という
京都でやるには中々デンジャラスな内容でした。
ファミコン世代にはツボな内容でしたが
それ以外の層はバッサリ切り捨てるという潔さが気持ちよかったです。
コントのオチはドラクエネタだったんですが
思ったよりダークなオチだったのが意外でした。

ひょうきん族世代の私としては西川のりおを生で見て
未だ現役のキレ芸で笑いをとる姿は面白かったしカッコよかったです。
一緒に行った嫁さんは西川のりお・上方よしおが一番笑ってましたね。

私はネットで2日前に予約して当日入り口でチケット引き換えで入ったんですが
前から2列目でめっちゃ近くで舞台を観れました。
目当ての芸人さんがいるならこれだけ近くでネタを観られるのはおいしいのでは?
ネットでチケット購入→当日劇場で受け取りと気軽に買えるのが非常に便利ですね。
正直オープンして3ヶ月ほどで認知度もまだまだなのか
500人ほど入る劇場なんですが50人ほどの入りでしたね。
休日だともっと入ってるでしょうが平日の夜だとこんなもんなんですかね。
場所も京都の繁華街から少しずれたどちらかと言えば観光地になりますし。

ただ京都にはお笑いが見られる舞台が無かったので
観た私の感想は少し歩いても足を運ぶ価値はありますね。
京都生まれ京都育ちで幼少の頃からお笑いも新喜劇もTVでみてますが
やはり演者と客席という距離で空気を共有して
目の前で生で漫才や落語、新喜劇を観るのは全然違いますね。
客との掛け合いや客いじりで笑いが生まれたりするのも
ライブで観るからこそですし。

いっぱい笑ってすっきりして帰ってきましたが
また仕事の合間をみて出来たら月一ぐらい見に行きたいなぁと思いました。
折角復活した祇園花月。
京都で生のお笑いを見れる絶好の場所なので
興味を持った方は是非一度足を運んでみてください。

関連リンク
よしもと 祇園花月
関連記事
web拍手

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/1771-dbd6ba28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。