ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
DSC02410.jpg

三条寺町を少しあがった所にあるとり市
この時期になると沢山の松茸が店頭に並びます。
電気街へ行く時に前を通って匂いを感じると秋が来たのを実感します。
どれも立派でお値段も手が出ないのでいつも匂いだけですが。
DSC02437.jpg

その隣にある創業明治11年の蕎麦屋『常盤』では
『松茸うどん』なるメニューがあります。
 
DSC02445.jpg
DSC02446.jpg
お店の雰囲気も長いだけあってレトロ感たっぷりです。

DSC02447.jpg
テーブルに座るとまず気になるのがお箸入れ。
もう現在は生産されてないであろう仕掛けで
上にある水色の弾倉にセットされたお箸が
ボタンを押すと滑って出てくるようになっています。
DSC02449.jpg
何か懐かしいです。これ。

DSC02450.jpg
こちらがお目当ての松茸うどん。
メインの松茸も結構な量乗っていますね。
だしは甘めで松茸の香りと柚子の風味に非常に合いますね。
松茸もだしで味付けされていますがシャキシャキした歯応えがあって美味しいです。
1000円とうどんにしてはそこそこの値段ですが満足ですね。

DSC02451.jpg
文藝春秋にも載ったというお店のお勧めのビフカツ丼も一緒に注文しました。
定食も色々種類があるのでお気に入りのメニューを見つけるのもいいですね。
繁華街にある店ですが中はレトロな雰囲気でゆっくり食事出来るので
気になった方は一度入ってみてください。
関連記事
web拍手

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/12/10(木) 16:59:24 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/1777-d2af1661
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。