ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
久しぶりに日本橋へ行ってきました。
3770K殻割りPC組み立てデモ&販売する。という事でテクノランドへ。

DSC05284.jpg

丁度レジ奥で中の人が絶賛組み立て中のPCを見せてもらいました。
 
3770K殻割で冷却性能改善でOC(予定では5GHz目指すそうです)
DSC05311.jpg
SSD、水冷搭載、メモリはDDR3-2133
DSC05312.jpg
ビデオカードはMSIのTwin Frozr IV、カード裏側に追加基板
『CPU Reactor』
があるのでN680GTX Lightningでしょうか。
一体おいくら万円になるのかわかりませんが
普通のショップブランドPCにない個性的な仕上がりになりそうです。

DSC05313.jpg
組み立て中のPC横に一つ気になるPOPがあったんですが。

CPUの能力の限界を超える殻割りに挑戦しました!
1個目 コア欠け
2個目 コア欠け…
3個目 成功しました!

近日中にデモ機準備中!
あの馬鹿げたスコアを出したのは君か?


えっ、2個失敗してるんですか。

無言で頷くおおととろ氏。

しばらくすると、すっと奥から何かを持ってきました。

DSC05289.jpg
そこにはヒートスプレッダを剥ぎ取られて2枚におろされた3770Kが二つ。


きれいなコアしてるだろ

ウソみたいだろ

死んでるんだぜ。この3770K(2個)

たいしたキズもないのに、ただ、ちょっと打ちどころが悪かっただけで…

もう動かないんだぜ

な…ウソみたいだろ


DSC05290.jpg
コアをよく見ると下の端がほんの少しだけ欠けてますね。

DSC05285.jpg
DSC05287.jpg
確かに3万円するCPUが少しの執刀ミスで2個も動かなくなるなんてウソみたいですね。

自作PCのエキスパートでも殻割りは難しいオペのようですね。

2個失敗してると聞いて
流石に3個目のチャレンジは誰か止めなかったんですか?

と誰もが思うであろう疑問を率直に聞いてみると

『自腹でやるならと誰も止めなかった』そうです。

テクノランドって素敵。

自腹で6万突っ込んだダメージは相当堪えたそうですが
どうやらおおととろ氏は失敗しても挑戦し続ける事の大切さを
このPCで(身をもって)伝えようとしているみたいです。

幾多の困難を乗り越えてこのPCは完成するんでしょうか。

またどれほどの性能を持つPCになるのか、楽しみですね。

関連リンク
【番外編】Core i7-3770Kの「殻割り」で熱輸送のボトルネックを確かめる
関連記事
web拍手

テーマ:自作パソコン - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
こんにちは!。

テクノさんで、こんな面白いイベントがあったとは、気が付きませんでした。

しかし、最新鋭のCPUはコア欠けにはシビアですね。昔のソケット370なんかだと、少々のコア欠けは大丈夫だったような気がしましたが。
2012/07/08(日) 18:38:42 | URL | 623 #28.GDw4Q[ 編集]
確かにSocket A時代も少々のコア欠けは動いてましたね。
ヒートスプレッダの中って思ったより空間が大きいです。
お店忙しそうですがこういうのどんどんやって欲しいですね。
2012/07/09(月) 22:33:17 | URL | ろぐ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/1841-c26bc9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2016/12/31(土) 22:08:22 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。