ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

米Microsoftは3月21日(米国時間),次期クライアントOS「Windows Vista」の出荷が
2006年のホリデー・シーズン商戦に間に合わなくなることを明らかにした。
同社内部の情報ソースによれば,Windows Vistaの完成(RTM,Release To Manufacturing)は
2006年10月25日になる予定で,従来の出荷計画より2カ月ほど遅れることになる。

Microsoftは公式発表で,企業向けWindows Vistaのボリューム・ライセンス開始は
2006年11月になり,コンシューマ向けWindows Vistaの出荷が2007年1月になると述べている。
MicrosoftはWindows Vistaの出荷遅れの理由を,
業界のパートナ(パソコン・メーカー)のせいにしている


2006年内リリース予定でしたが来年1月に延期になったようです。
新OSリリース後暫くはいつものようにセキュリティーホールテンコ盛り
&ドライバーなどの対応状況などで問題があるでしょうし
本格的に移行が進むのはリリースから半年後あたりの来年の夏ぐらいでしょうか。
20060322210007.jpg
今回ユーザーインターフェイスがかなり変わったWindows Vista。
それに伴い動作環境も今までよりもグラフィック処理能力を必要とするので
オンボードグラフィックでVistaがどれだけ動作するかが気になっていましたが
今月15日発売のPC fanではIntel945GM、Geforce6150、
Radeon Express200
辺りのオンボードグラフィック統合チップセットであれば
ビジュアル重視のVista『Aero Grass』使用時でも
ウィンドウの操作時に若干の引っかかりがあるものの問題なく動作するそうです。

現在発売されているIntel Core搭載ノートで購入を考える際
長く使う事を考えるとネックになっていたVista対応状況ですが
上に上げたような比較的新しいDirectX 9.0対応のグラフィック統合チップセットなら
今購入してもそのまま使用出来そうです。
3Dゲームをやらない人や省電力の為にオンボードで済ませたい人など
Vistaが動作するかどうかは気になっていた人も一先ず安心ですね。

関連リンク
Windows Vistaの出荷延期,RTMは10月25日の予定
関連記事
web拍手

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
その前に現行Core(Yonah)は64Bit非対応ではなかったかと。
2006/03/23(木) 23:58:06 | URL | zak #-[ 編集]
32bit版と64bit版
そこが現行Coreでネックになる部分ですね。
Vistaのパッケージには5種類それぞれに32bit/64bit版が用意されているそうですが
64bit対応環境の人はやはり64bit版を買うんでしょうか。
現行XPも32bit版と64bit版がリリースされていますが
普及割合で言えばどんな感じなんでしょ。
2006/03/24(金) 00:20:00 | URL | ろぐ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/241-99da91f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。