ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は22日、
次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」に対して、
ゲームソフトをインターネットでダウンロードできるサービスを始める計画を明らかにした。
 サービス名は「ネットワーク・プラットフォーム(仮称)」。
利用者は契約料を支払えば、好きなだけ無料でゲームソフトをダウンロードできる。


月額いくらか支払えば新作ソフトをダウンロード&遊び放題という事でしょうか。
PS3がHDD標準搭載という事で実現した新しいアプローチですね。
パッケージソフトをゲームショップで買って楽しむ
今までのゲームスタイルとまた遊び方が変わりそうですね。
似たようなものではitune music storeなどで音楽をCDパッケージでなく
CDの中身にあたるmp3をネットを通して販売するスタイルが
手軽に色々な音楽を安く手に入れられる為爆発的に利用者が増えていますが
ゲームソフトも同じようにパッケージでなく中身だけ買って
安く気軽にゲームが遊べればいいというユーザーも多いかもしれませんね。

他にもネットでのダウンロード販売の利点としてゲーム購入前に試遊出来ればなおいいですね。
現在のパッケージ販売では殆どの場合事前に内容を確かめることが出来ないので
雑誌や前評判をみて判断するしかないという状態なので
私自身も思っていた内容と違ってがっかりする事もままあります。
お店側も全てのゲームに試遊台を用意するわけにはいかないですが
ダウンロード販売であればその辺の問題も解決しそうですね。
利用料を支払えば色々なソフトが遊び放題であれば
今のようにクソゲーを買ってしまって悲しい思いをする人もいなくなるかもしれません。

ダウンロード販売がスタンダードになれば遊び終わって売りにいく事もなくなるので
ゲームメーカーがあまり良く思っていないゲームの中古市場も縮小しそうですね。
案外これが狙いだったりしませんかね。

関連リンク
ソニー、PS3のオンラインサービス立ち上げへ
ネットでゲームを提供 ソニーの次世代プレステ
関連記事
web拍手

テーマ:ゲーム速報 - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/242-26a8840c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。