ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

日本橋J&Pでは全身ヒートシンクのケースが展示してありましたが
寺町J&Pにも同シリーズのZALMAN『TNN-300』が展示してありました。
日本橋店にあったのはATXケースでしたが寺町店はM-ATXケースのようです。
以前のもそうですがお値段は79800円とソルダム製と間違えるほどの高級ケースですね。
パソコンの静音化にこだわりだすと想像以上にお金がかかるもんですが
一つ一つ騒音元を洗い出してを静音パーツに交換していくより
こちらのケースで一気に無音環境を構築するのもアリかもしれませんね。

以前寺町ブログでも取り上げられていた特大ファン搭載ケース『XClio 6020』がありました。
JP22DVC00006.jpg JP22DVC00005.jpg
特大ファンの見た目と裏腹に音は気にならない程度で風量は十分ですね。
小さなファンを複数搭載するよりも大型一つで風量を稼ぐ方が効率よくて静かです。
TWOTOPで売っているキャスターと組み合わせれば風圧で走るパソコンが・・・

二つのケースはどちらも静音と冷却にこだわったモノですが
それぞれアプローチが全く違うPCケースですね。
どちらも個性的なケースですがあなたはどちらを選びますか?
 
JP22DVC00004.jpg
1FのリサイクルPCフロアで色々なシュレッダーが売っていました。
個人情報保護や情報流出を防ぐためにも一家に一台必要かもしれませんね。
紙を細かくして読めなくするだけでなく
中にはカードやDVD、CDも切り刻んでしまうモノも売っています。
不要になったCD-R、DVD-Rなどのデジタルデータは
そのまま捨てずにデータを読み取れなくして処分しないと危険です。
大体1万円前後しますが自分を守る為の保険と考えれば必要な投資かもしれませんね。

関連リンク
microATX用のZALMAN製完全ファンレスケース「TNN 300」が発売
ZALMAN製ファンレスケースのmicroATX版が近日登場
まるで扇風機! サイズから25cmファンを搭載したスチールケース「XClio 6020」が登場
関連記事
web拍手

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/283-d996846a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。