ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
新作(発売後1~3カ月程度)、準新作(発売後3カ月~1年程度)、
旧作(発売後1年以降)の3段階を想定。
新作の1カ月レンタルなら定価の8割となる5000円強、9泊10日で2700円程度、
準新作は4泊5日で900円程度、1カ月で3700円程度、旧作なら500円以内を目安としている。


ゲームを一度クリアーしてしまえば中古屋に売りに出して
そのお金でまたゲームを買って遊ぶという人も多いかもしれませんね。
RPGやシミュレーションゲームなどは一度最後まで遊べば
2回目をプレイする事は殆どないのでレンタルでもいいかもしれません。
ゲームメーカーにとっては中古ソフトがいくら売れても利益が入りませんが
このゲームレンタルはメーカーに対して利益還元されるシステムだそうです。

新作ソフトもレンタルビデオのように一泊二日400円ほどで借りられれば
興味があるゲームだけど自分に合うかわからない場合や
前人気が高いけど実際にプレイしてから買いたい時など
レンタルゲームで試遊して気に入れば買う。という使い方も出来ますね。
メーカー側も上手く利用すればゲームのプロモーションに使えそうです。

レンタルで中古と戦える価格でゲームを提供しながら、
メーカー側にも利益が落ちる仕組みを構築したい考えだ。

とありますが新作ゲームの一ヶ月レンタル料金が定価の8割の5000円強は高いですね。
ゲームショップで値引きをする店なら新作ソフトは大体15~20%offで販売していますし
新作購入後1ヶ月遊んで中古ショップに売りに出せば定価の半額程度で買取しています。
買って一ヶ月遊んで売る場合の負担額はおよそ定価の3割程度なので
一ヶ月レンタルで定価の8割はその辺を考えても高いですよね。
コーエーネットの取り分、レンタル店の利益、メーカーへの還元を乗せると
それ位でないと利益が出ないのかもしれませんが。
週末にDVDを借りて映画を楽しむようにゲームをレンタルして楽しむようになるんでしょうか。
友人が集まった時に桃鉄なんか借りるのもいいかもしれませんね。

関連リンク
ゲームソフトをレンタル、コーエーネットが参入
関連記事
web拍手

テーマ:ゲーム速報 - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/286-5be01285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。