ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手


Turion 64 X2搭載ノートパソコンを注文しました。
ソーテックダイレクト最新夏モデル
販売開始記念キャンペーン 先着500名様 (メモリ512MB→1GB)

『WinBook DN6000』
AMDモバイル向け最新デュアルコアCPU 『Turion 64 X2』
PC2-4200 533MHz DDR2 SDRAM 1GB(デュアルチャンネル)
SATA HDD 40GB
DVDスーパーマルチドライブ
15.4型ワイド液晶
Turion 64 X2向けグラフィック統合チップセット ATI RADEON XPRESS 1100

このスペックで税込み99800円は魅力的ですね。

今月初めのCOMPUTEX TAIPEIでは
多数のメーカーからTurion 64 X2ノート展示があったようなので
暫くすれば各メーカーからも採用ノートが順次発売されそうですね。
会場展示を見るとソーテックダイレクトのTurion 64 X2採用ノートは
台湾のPCメーカーMiTAC Technology社『8858I』のようですね。
ベアボーンか対応マザーが出ればTurion 64 X2で自作しようかなぁ。
と関心を持っていたんですが安さに引かれて注文しました。
(BTOでHDDを40GBから80GBに変更)

ソーテックは品質はともかくPC雑誌ランキングでも書かれているように
サポートに関しては顧客満足度が・・・らしいのですがパーツトラブルも楽しむ自作erなら
サポートは必要ないのでその辺は割り切りが必要かもしれません。

socket S1は今の所自作市場向けのマザーボードの発売がアナウンスされていませんが
OEM向けやベアボーン用でしか使えないという可能性もあるかもしれませんね。
(ASRock辺りからドーターカードでsocket S1ボードが出たら売れそうです。)

MEGABOOK MS-1058 98,600円
HGST(日立IBM) HTS541080G9SA00 (80G 9.5mm) 5400rpm 8192KB SATA 9,513円
ノーブランド SODIMM DDR2 512MB PC4200 CL4 4,980円
Turion 64 X2 TL-50 24,990円
WinXP home OEM版 13200円

来月辺りにMSIから初のsocket S1対応ベアノートが発売されるようですが
そちらはベアノート本体だけで10万前後するので上に上げたように
別途CPU、HDD、メモリ、OSを用意するとトータル16万ほどかかりますね。
WinBook DN6000を買ってパーツ交換した方が安くつきそうです。

同サイトで同じような構成でIntel Core Duoのノートも109800円で売っているんですが
悩んだ末Turion 64 X2を選びました。
ベンチを走らせればCore Duoノートの方が数字が良さげですが
最近出たてのTurion 64 X2の性能が知りたい&
AMD好き
な私はTurion 64 X2ノートを選びました。
雑誌を見てもTurion 64 X2の性能についての詳細記事や比較数値がまだ出ていないので
どの位のパフォーマンスを持っているのかわかりませんが楽しみです。
届いたら各種ベンチを走らせてレビューしたいと思います。
今使っているサブノートはPenⅡ333なので何を使っても快適になりそうですが。

ぶっちゃけた話今後のCPUリリーススケジュールを考えると
絶対的な性能では今夏以降に発売されるであろう
Intel Core 2 Duo(Merom)などの方が確実に優れているでしょうが
価格もそれなりに高いはずなので(Core Duoノートが12万前後なのを考えると15万前後?)
10万円を切るTurion 64 X2ノートはコストパフォーマンスの面では悪くない選択だと思います。
socket S1は90nmプロセスのRev.F、65nmプロセスのRev.G
そして2008年第一四半期にはモバイル向け65nmプロセス新コアが予定されていますが
ディスクトップ向けはsocket AM2からM3に将来的には切り替えるようですが
モバイル市場のsocket S1は意外に延命になるんじゃないかと
私は勝手に思っているんですがどうでしょうか。

Turion 64 X2製品特徴
Turion 64 X2はTurion 64をデュアルコア化した製品。
製造プロセスは90nmでAthlon 64 X2をモバイル化した製品とも言える。
ノートパソコン向けのデュアルコアCPUとしては
インテル(株)が“Intel Core Duoプロセッサー”シリーズをすでに市場に投入しているが
64bit拡張命令に対応したノートパソコン向けデュアルコアCPUとしては
Turion 64 X2が史上初となる。
IA-32のAMDによる64bit拡張命令であるAMD64
仮想化技術AMD Virtualization
低消費電力化機能PowerNow! Technology
ウイルスプログラムの侵入を防ぐ“Enhanced Virus Protection”
3Dグラフィックス性能を改善する“AMD Digital Media Xpress”を搭載。
DDR2メモリに対応(DDR2-667/533/400)するなど
Socket AM2版のAthlon 64 X2と同等の機能を持つ。


関連リンク
Turion 64 X2
ハイエンドからモバイル用途まで幅広いTurion 64 X2ノート
MSI、1.95kgのTurion 64 X2対応ベアノート「MEGABOOK MS-1058」
ATI、Turion 64 X2対応チップセット「Radeon Xpress 1100」
NVIDIA、Turion 64 X2対応チップセット「GeForce Go 6150」
関連記事
web拍手

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/362-ba7cfa46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。