ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
gaikingDVC000111.jpg

ソフマップで買って来たバンダイのプラモデル
『ゼーガペイン アルティール』1/72scale メカニックコレクションを早速作りました。
プラモ自体作るのもかなり久しぶりでしたが2時間ほどで完成しました。
元々のパーツが色分けされているので普通に組み上げるだけでも十分様になります。
付属のシールを貼っただけですがかなり設定に近い仕上がりになるようです。
altairDVC00015.jpg altairDVC00016.jpg
ホロニックアーマー(光装甲)を展開する前のアルティール
この状態もメカっぽくて味がありますね。
剥き出しで無防備に近い?状態なんでしょうか。

altairDVC00024.jpg altairDVC00022.jpg altairDVC00023.jpg
そしてホロニックアーマー展開後のアルティール
光装甲に覆われてエネルギーが続く限り絶対的な防御力を誇るそうです。
エメラルドグリーンが鮮やかでいい感じですね。

altairDVC00019.jpg altairDVC00020.jpg
altairDVC00011.jpg altairDVC00008.jpg
ホロニックランチャーとホロニックシールドを装備
武器も光装甲と同じくホロニックなのでクリアパーツで出来ています。
肩・腕・腰・膝・足首の可動範囲は普通のガンプラと変わりませんね。
altairDVC00001.jpg altairDVC00005.jpg
altaiA00001.jpg
飛行シーンを再現する為の台座も付属しています。
ホロニックウィングを装備して空中戦を再現してみました。

翼を付けた状態を見ると何処となく『聖戦士ダンバイン』を彷彿とさせますね。
発光ダイオードでコックピット部分が光るようになっているんですが
別売りのボタン電池(LR43)が3個必要なので試していません。
(一つ150円ほどなので3つ買うと450円もかかります)
こちらに光らせている人がいます。
ホロニックパーツ部分はブラックライトを当てると綺麗に発光するようです。

組み立てではそれほど難易度の高い所はないです。
付属のシールを綺麗に貼るのにピンセットなどがあった方がいいですね。
溝に細長いシールを貼る所がいくつかあるので。
ゼーガペインは人気や設定の特殊さから
超合金などの完成品のオモチャが出るのかは微妙なので
立体化されるのはもしかしたらこのプラモデルだけかもしれませんね。
同じようにプラモデルで他の機体も発売されるんでしょうか。
プラモにしては値段は少々高いですが出来もいいので
気に入った方は買ってみてはいかがでしょうか。

関連リンク
ゼーガペイン
関連記事
web拍手

テーマ:プラモ・模型 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/401-87e91d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。