ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手


梶井基次郎小説『檸檬』の舞台にもなった丸善
その丸善が閉店した跡地には
来年ジャンボカラオケ広場がオープンするようです。

作中では『寺町通は一體に賑かな通りで~』という一文が出てきます。
寺町通りにある八百屋で檸檬を買って丸善に行き
美術の書籍を棚から抜いて手当たり次第に積み上げ
その上に買って来た檸檬を仕掛けて帰るという場面があります。
作中の丸善の場所は今の場所よりも北にあったという話もありますが
惜しまれつつも先月10日に閉店を迎えた丸善では
閉店が近づくにつれて小説『檸檬』を真似て店内の美術書コーナーや
梶井基次郎の書籍コーナーには檸檬を置いていくお客さんがたくさんいたそうです。
私もこの丸善ではよく立ち読みもしてましたし夏は扇子を買ったこともありました。
PC関連の書籍は5,6階ぐらいだったので上まで行くのが億劫になり
私はいつからか足が遠のいていました。
丸善前では季節や暦毎に色々な催しや販売があり
中に入らない人でも立ち止まって見ていた人も多いと思います。

ジャンボカラオケ広場は私が初めて行ったカラオケ屋さんだったり
それはそれで色々思い出もあるのですが
丸善がなくなりカラオケ店になるのは一抹の寂しさを感じますね。
多くの人に愛された『檸檬』下のリンクで作品が読めるので
時間のある方は是非読んでみて下さい。

関連リンク
梶井基次郎『檸檬』
丸善
関連記事
web拍手

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/57-0637be2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ジャンカラになるって……。 カラオケ……。 好きだけど…… 大好きだけど……っっ ちょっと、せづねヱ……。
2005/12/01(木) 22:38:11 | てぃーちゃーのプライベート
丸善閉店は皆様もご存知かと思いますが、跡地のビルが何になるのか一目でわかる状態になってしまいました。丸善跡地はジャンボカラオケになります。
2005/12/02(金) 03:47:21 | 京茶屋Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。