ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
ブックストア談といえば思い出しましたが
私が中学生の頃にここの3Fにアニメイトが入っていて
当時好きだった女の子(マンガを描く)が画材を買うからと一緒に行ったのが最初です。
『マンガを描く』というのも今思えば同人活動をしていたんでしょうね。
当時はわからなかったんですが今思い返せば思い当たる節がいくつもあります。

美術部所属。
少女漫画より少年漫画が大好き。
彼女はアニメ雑誌(ファンロード)に自分のイラストが載ると
よく嬉しそうに見せてくれました。
たまに休みの日はお姉さん(同じくマンガを描く)と大阪まで本を買いに行ってた。

なぜわざわざ大阪まで本買いにいくんだ?と思ってましたが
普通の書店で売ってない本(同人誌)を買いに行ってたんでしょうね。
今でこそ京都にもメロンブックスなんかが出来てネット通販も普及し同人誌が買えますが
当時は京都には同人ショップやネットも普及してませんでした。

彼女の部屋のベッドの下には薄い本が沢山あった。
これに関しては以前書いた記事に詳細があります。
彼女のお姉さんはやおいをやってる。と言ってましたが
当時は説明をしてもらっても解りませんでした。
やおいとは今で言うBL(ボーイズラブ)の事を指すようです。
姉の影響でマンガを描いていた彼女も姉と同じ趣味だったのかもしれません。

あくまで推測ですが
中学生の彼女はボーイズラブ大好きで
姉と一緒に同人誌を書いて大阪の同人誌即売会に出かけて
ボーイズラブ同人誌を売ったり買ったりして活動してた
としたなら
当時オタ知識もない純真スポーツ中学生だった私には想像出来ない世界ですが
もし同窓会があって彼女が来たならそれとなく聞いてみようと思います。

『腐女子彼女』という本が売れているそうですが
彼女も今で言う腐女子だったのかもしれませんね。
私が立派なオタクになったのも彼女のおかげ?かもしれせん。
彼女についての話はこちらにも書いているので良かったら読んでみてください。

それ以前にも京福電車の西院駅のすぐそばの建物2Fに
『ペロ』だか『ペペ』だったかうろ覚えなんですが小さなアニメショップがありました。
長靴を履いた猫みたいなキャラクターがお店のしるし?だったような。。
そこにも何度か連れて行かれた事があります。
(ググっても関連情報が出てこないです。京都在住オタの人情報求む)

関連リンク
ブックストア談
関連記事
web拍手

テーマ:腐女子的思考 - ジャンル:サブカル

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/03(土) 13:39:14 | | #[ 編集]
清水屋ビル(河原町沿い)にアニメイトがあった頃は知ってますが、京都のアニメイトって移転多いですねぇ…

後半の部分、たぶん「アニメポリスペロ」の事だと思います。昔ドラえもんの映画みてたら宣伝が流れてたこともあるんで。
2007/02/03(土) 19:42:23 | URL | か~や #-[ 編集]
アニメポリスペロ
カプリチョーザのもっと東側の京福西院駅のすぐ横にある
現在の花屋の上辺りだった気がします。
西院周辺も随分とお店が変わりましたね。

>>か~やさん
アニメポリスペロ。
そうですそんな名前でした。
お店の中にはセル画なんかも売っていて。
知っている人が見つかって良かったです。
お蔭様で思い出せてスッキリしました。
2007/02/03(土) 22:48:58 | URL | ろぐ #-[ 編集]
そうなんですよね、ちっちゃくて可愛くて
おとなしそうな子に限ってなぜか
腐 女 子 な方なんですよね…。

私の場合は田舎だったからか
「そんな話大声でしなくていいから!」
ってことばかり語って頂きました。
男友達の間では今でも清純派で通っています。

結構長い付き合いだったの別れる時はタイヘンだったのですが、
今では遠い性春の一ページです…。
2007/02/07(水) 19:16:01 | URL | 一見さん #-[ 編集]
電車男のヒットでオタクが市民権を得たように
そのうち腐女子を取り上げたドラマが。。
2007/02/07(水) 23:22:05 | URL | ろぐ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/587-7ffcc5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。