ブログパーツ

ろぐブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
『JW-RS780UVD-AM2+』にAthlon64x2 BE-2400を乗せ
グラフィック関係の設定をBIOSから変更して
『JW-RS780UVD-AM2+』のオンボードVGAで最も性能が出る設定を探ってみました。

今回ベンチマークに使用したのは
CPU、メモリへの依存度が低く純粋なVGAの能力が計りやすい。
1回のベンチ時間が短い。
肌色が多い。

の理由からベンチマークソフトは『ゆめりあベンチ』を使っています。
(設定は全て1024*768 最高)
uma3250000000.jpg
uma32R0010721.jpg 5956R0010724.jpg
まずはのUMA 32MB(コアクロック500MHz)でのベンチ 5956
uma512R0010723.jpg 5956R0010722.jpg
同じくUMA 512MB(コアクロック500MHz)でのベンチ 5956
シェアするメモリ容量を増やしてもスコアは変わりませんね。
6819R0010725.jpg
次にUMA 32MB(コアクロック500MHz)でメモリとCPUをオーバークロックした状態でベンチ 6819
(BiosでFSBを200→250に上げて、CPU2300MHz→2876MHz、
メインメモリを400MHz→480MHzにOCしています。)
流石にメインメモリをシェアしてビデオメモリに当ててるので
メインメモリの処理が速くなった分ビデオメモリの速さも上がってます。
umasp760oc00003.jpg 7692R0010740.jpg
次にUMA 32MB(コアクロック760MHz)でメモリとCPUをオーバークロックした状態でベンチ 7692
コアクロックを上げるとかなりスコアが上がりますね。
次にサイドポートメモリ64MB(コアクロック500MHz)のみでもベンチ
2473R0010727.jpg
メモリクロック 400MHz 2473
2474R0010728.jpg
メモリクロック 533MHz 2474
メモリクロックを上げても誤差程度しか変わらないみたいです。
サイドポートメモリのみの性能は低いですね。

次にUMA 32MB+サイドポートメモリ64MB(400MHz)でのベンチでコアクロックを上げていきます。
この設定は今のところ64MBのサイドポートメモリを搭載するJW-RS780UVD-AM2+のみが可能なベンチです。
6985R0010731.jpg
デフォルトのコアクロック500MHz 6985
7727R0010732.jpg
コアクロック700MHz 7727
7861R0010733.jpg
コアクロック750MHz 7861
7916R0010737.jpg
コアクロック760MHz 7916
7916R0010734.jpg
コアクロック765MHz 7916
7895R0010735.jpg
コアクロック770MHz 7895
コアクロック780MHz ベンチ途中で再起動

電圧を上げないでのテストで正常完走するのは760MHz時のスコアが限界みたいですね。
760MHzをピークにスコア、安定度が落ちます。
海外のサイトでは1023MHzでのベンチ結果が報告されていましたが1GHzでは起動出来ませんでした。
チップセットの電圧を盛れば可能かもしれませんが常用範囲でのOCテストなのでご了承ください。
760以上クロックを上げるとベンチは完走してもポリゴン、テクスチャの欠けが見られます。
やはりUMAのみ、サイドポートメモリのみのベンチよりもスコアはいいですね。
UMAのベンチの時にメインメモリをOCするとスコアが伸びたので同じように
メインメモリをOCした状態でベンチを取ってみましたが何故かスコアが一気に落ちました(1900程度)
umasp76000002.jpg
最もスコアがいいのはUMA+サイドポートメモリでコアクロックを760MHzにオーバークロック 7916
次点がUMAのみでコアクロックを760MHzにオーバークロック+メインメモリをOC 7692
という感じになりました。

ゆめりあスレを見てみると
以下、参考までにオンボード
AMD780G+Phenom  7900
AMD780G+Ath64X2  5800
Xpress1250    5000
IntelG965.    4530
AMD690G      3150
Intel945G.    3120
IntelG33(GMA3100) 2910
GF7100        2700
GF6150        2040
GF6100        1700
Intel915G.    1250
Mirage3      680


とあるので通常のAthlon64 x2+AMD780Gの組み合わせが5800とすれば
Athlon64x2+『JW-RS780UVD-AM2+』のOC7916約1.36倍の性能になりますね。
Phenom+AMD780Gのスコアが7900なのでPhenomを乗せると+2000ほどスコアが出るとしたら
Phenom+『JW-RS780UVD-AM2+』のOCではオンボードVGAでゆめりあ1万越えも狙えそうです。
JW-RS780UVD-AM2+はDVI、VGA、HDMI出力端子搭載で
ここまでオンボードVGAの性能が上がってくるとローエンドビデオカードの立場が危うい?

もう少しいじってみて最もパフォーマンスが出る状態を探り
他の一般的なベンチマークもとってみたいと思います。

国内での発売は4月17日に決定だそうなので
誰かPhenom+JW-RS780UVD-AM2+でどれだけ叩き出せるか試してみては如何でしょうか。
(Phenom 9850 BE(125W CPU)は動作しないので注意)
現時点でいえばオンボード最速というのは伊達じゃないみたいですね。

関連リンク
【解像度問題は6】ゆめりあベンチ結果報告スレ26
JW-RS780UVD-AM2+
関連記事
web拍手

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://logblog.blog33.fc2.com/tb.php/923-c1461c7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。